美容よもやま話記事一覧

お風呂に入る時は、スポンジなどで力を込めて擦ると皮膚を傷めてしまうので、ボディソープをちゃんと泡立てて、手のひらで力を入れることなく撫で回すように洗浄するようにしてください。瑞々しい肌を維持するためには、お風呂場で体を洗う際の負荷をできる範囲で抑制することが肝になります。ボディソープは肌にしっくりくるものを選択しましょう。乾燥肌というのは体質から来るものなので、念入りに保湿してもちょっとの間良くな...

目元にできる小じわは、一刻も早くお手入れを始めることが重要なポイントです。なおざりにしているとしわがだんだん深くなり、一生懸命ケアしても元通りにならなくなってしまい、後悔することになりかねません。「10〜20代の頃は特にお手入れしなくても、当たり前のように肌が潤いをキープしていた」人でも、年齢を重ねるにつれて肌の保湿力が低下してしまい、挙げ句に乾燥肌になってしまう可能性があります。美白向けに作られ...

敏感肌の人と言いますのは、乾燥すると肌の保護機能が正常でなくなってしまい、外からの刺激に過度に反応してしまう状態なわけです。負担がほとんどない基礎化粧品を用いて念入りに保湿すべきです。「敏感肌であるために年がら年中肌トラブルに見舞われてしまう」とおっしゃる方は、毎日の生活の再チェックは当然の事、専門クリニックで診察を受ける方が賢明だと思います。肌荒れと申しますのは、専門医にて治すことができるのです...

体質によっては、30代に差し掛かる頃からシミに悩むようになります。サイズの小さなシミならメークで覆い隠すという手段もありますが、理想の美肌を目指すなら早い段階からお手入れすることをオススメします。合成界面活性剤を始め、防腐剤や香料などの添加物が混ざっているボディソープは、お肌を傷めてしまうリスクがあるので、敏感肌で苦悩している人には不適切です。肌は身体の表面の部分のことです。しかし体内からじわじわ...

女の人だけに留まらず、男性の中にも肌がカサついてしまうと悩んでいる人は多くいます。乾燥して肌がボロボロになると不潔に映ってしまいますので、乾燥肌に対する念入りなケアが欠かせません。若い時分から健全な生活、バランスの取れた食事と肌を気に掛ける日々を送って、スキンケアに頑張ってきた人は、年齢を経た時に完璧に違いが分かるでしょう。お風呂に入る時は、ボディ用のスポンジで強く擦ると肌を傷つける可能性が高いの...

TOPへ